我々はお客様、その先のユーザー様、そして社会と共にあります

我々は創業以来53年にわたり、ものづくりを行っているメーカー様やサプライヤー様へ精密板金部品を納入してまいりました。
我々の部品が内蔵される製品が、人々を幸せにし社会を豊かにすることを信じ、高品質な部品を短納期で対応しております。

設立年度

1966年(昭和41年)
12月1日

代表者

小沢孝志

資本金

4940万円

社員数

18名
(2019年7月現在)

売上高

2億円

取引銀行

多摩信用金庫
三井住友銀行

事業内容

精密板金部品製造
レーザー加工
筐体製造

主な供給先

エレベーター
食品安全検査装置
工作機械
医療機器
半導体製造装置

沿革

西暦(和暦) 主なできごと
1966年(昭和41年) 八王子市大和田町にて初代小沢登により、一般板金加工の町工場として創業
1986年(昭和61年) 数値制御タレットパンチプレス機を導入し、精密板金加工を開始
1992年(平成4年) 八王子市美山町(現住所)の美山工業団地内へ移転。タレットパンチプレス増設
1998年(平成10年) 炭酸ガスレーザ加工機導入。厚物や自由曲線の板金部品の加工能力向上
2000年(平成12年) 八王子市大和田町にて初代小沢登により、一般板金加工の町工場として創業
2001年(平成13年) CAD・CAMソフトを刷新し、製造データのサーバでの一括管理開始
2005年(平成17年) タレットパンチプレス機を更新。材料の自動交換機を増設し24時間稼働体制を確立
2010年(平成22年) ネスティングソフト導入でプレス機の材料歩留まりを大幅改善
2014年(平成26年) バリ取り機導入。手作業の自動化を進める
2018年(平成30年) ファイバーレーザ複合機導入。ステンレス製品の需要増加に対応